イギリス系オーストラリア人のぼくのカミさんは
ベジタリアン(菜食主義)である。

日本ではオバタリアン(かなり古い?)>ベジタリアンの
認識ぐらいしかない超希少種です。w(°o°)w



ベジタリアンには種類があって、大雑把に振り分けると
野菜と果物を基本とし、
肉類は食べないが、魚介類は食べる方、
肉類ー魚介類は一切食べないが、
卵や乳製品は食べる方の2種類。
さらに徹底した果物しか食べない
ビーガンという方もいる。(^◇^ ;)

うちのカミさんは卵や乳製品を食べる人。
その事を聞くと大概の日本人は非常に驚く。
そして必ず『どうやって?大変でしょう?』と意見する。
はっきり言って、日本では非常にむずかしー。

日本に一時帰国した時は、大変な思いします。
とくに外食の時。
ぼくは吉野家、松屋など大好き。が、気付きました?
そうゆうお店にはベジタリアン用のメニューがない。
(今はどうだか知りませんが)
あっても付け合わせのようなサラダ。
うちのカミさん、典型的外人で納豆も、漬け物もダメ。
みそ汁もだしに鰹節を使用しているのでダメ。
違う店で『野菜炒め』などをオーダーすると、
サービスなのか、
肉が細かく刻んで潜んでいたりする。( ̄Д ̄;)
その肉を一つ一つ救出?するハメに。
ラーメン店はほぼ全滅。
今はマックカフェができたが、以前はマックで
カミさん『肉なしビックマック』をオーダーする。
(なぜかいつも同料金 (〜ヘ〜;))

このオーダーする場面に何度も出くわすのだが、
これが結構おもしろい。
『肉なしで作れます?』と聞くと、大概の店員さんは一瞬
”はぁ?”いう表情で考え、その後『上司に聞いてみます』
ヽ(^_^;))と返答。
たぶんその場スタッフ全員が”何で?肉なし?
他行けば?”と思っているはず。

たぶん青山あたりにはベジタリアン専用の
カフェやレストランなどあるんでしょうけど、
何度も同じ所に行ってはいられません。

eat-me.jpg

ここメルボルン(オーストラリア)には
必ずと言っていいほど、ベジタリアン専用のメニューが
フィッシュ&チップショップから高級レストランまで、
どのお店にもあります。V(^-^)
しかもかなりいける。
スーパーにもベジタリアン専用の品物が
並んでいたりする。

問題は家庭内での料理。
家で料理をすると、例えばカレーなど作る時、
カミさんは始めに一つのポットで野菜だけのカレーを作り、
その横のフライパンで肉を炒め、最後に盛り合わせる時に
ぼく用の器で野菜と肉が初めて一つになる。( ̄へ ̄;
わかりますx2。カレー好きの方、
『それじゃー肉の旨味が???。』とおっしゃるのが。
結局自分で作るのが得策。
こうしてぼくの料理の腕前があがるのです。

悪い事ばかりではありません。
独身時に比べ、食生活がかなり改善された事。
独身時 肉/魚介類80% 
野菜/果物20% だったのが
結婚後 肉/魚介類30% 
野菜/果物70% に推移。

とくに”これオイシイんだ”と思うのが
マッシュルーム、アスパラガス、アボカドの3品。
お薦めです。



banner_03.gif









この記事へのコメント
サイトのデザインに惹かれてコメント残していきます。
まだ、はじめられたばかりの様子ですが、がんばって更新してください。
たまに訪問しますのでよろしくお願いします。ベジタリアンの記事楽しく読ませていただきました^^では!


>超人さん、コメントありがとうございます。
がんばって、読んでもらえるように
試行錯誤中です。(T.T )( T.T)
posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/
Posted by 超人
Hooly-Doolyさん、
トラックバックありがとうございます。
ブログ始めて一週間、初めてトラックバックされていたので
とっても嬉しいデス。o(^-^)o
どうかよろしくお願いします!
ベジタリアンの話、おもしろかったです。
で、ベジタリアンメニュー吉野屋版を想像して
妄想バクハツ。
「牛丼、並、肉無し、ツユだくだく〜!」
やってみたくて、ついニヤリでした〜。( ̄∇ ̄*)ゞ


>ベジタリアンメニュー吉野屋版を想像して
し〜ちゃんさん(少し変?この呼び方)、コメントありがとうございます。
そのメニュー早速試させていただきます(・ε・)ノ
posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/


Posted by し〜ちゃん
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

鰹節
Excerpt: 鰹節鰹節(かつおぶし)は、カツオを原料とする日本独特の保存食品。基本的には魚体を三枚以上におろし、「節」(ふし)と呼ばれる舟方に整形してから加工された物を指して鰹節と言う。加工工程の差異によって、鰹を..
Weblog: ラーメンの旅
Tracked:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。