どうやった英語学習がいいという素晴らしいサイトが
世の中にいっぱいあるので、学習法はそちらを参照に
してください。ぼくが伝えたいのは、
英語においての精神です。 ( ^_^)/


というのは、ぼくの英語力よりはみなさんの英語力の方が
はるかに上だと思うからです。(=^_^=)

しかーし、残念に思うのです。
そんな英語力がある人
(例えばワーホリの人、学生、観光客)に出会ったときに、
皆口々に『英語ダメで。』や『恥ずかしい。』
などと言って、折角の交流やもっと楽しむチャンスを
逃しているのです。
そして帰国後に、”次こそは”と書店や英語学校に駆け込む。
で、三ヶ月後くらいにその情熱は冷めて、
英語なんてどうでもよくなっているのです。
なぜわかるかって?
それはぼくやまわりの友達がそうだからです。


無料英語学習メルマガ − イーオン・イングリッシュ・ワールド


ある日、なぜ英語力が上がらないのか真剣に考え、
”逆ギレの境地”に至ったのです。

思考の過程を追ってみると、

なぜ英語を話さなくてはいけないのか
⇒英語圏で日本語を話せる人がいない
⇒現地の人が日本を憶えるよりは
ぼくが英語を憶えたほうが早い。
(現地の人、大多数は日本語などどうでもよく、
英語圏にいるのだから、英語を話すべきだと考えている。)

じゃ、逆に他の国の人が日本に来たら、前記を適用し、
日本語圏で英語を話せる人がいない
⇒現地の人が英語を憶えるよりは
自分が日本語を憶えたほうが早い。
(現地の人、大多数は英語などどうでもよく、
日本語圏にいるのだから、日本を話すべきだと考えている。)
となるべきがならない。

英語が世界で一番使われている言語だから?
理不尽だと思いませんか?
自分たちは日本語を憶える気はないが、
英語を話すべきだと思われ、英語を必死に勉強し、
できないと自己嫌悪におちいる。


さらにぼくのカミさんや日本に訪れる映画スターなどが
ちょっと日本語で『こんにちは。すしが好きです。』
などと言っただけで、心優しき日本人は
『うわー、日本語上手ね?!』なんてお世辞を言い、
おだてる。
だからカミさんなど、『うわー、日本語上手ね?!』と
言われたくて、日本人を見かけると近寄り、
ちょっと日本語で話しかけるのが
趣味と化している。

ちょっと待てで、ある。
こちらで『Hello,I like aussie-pies』と言ったところで、
誰も『あなたの英語すごーい?!』などとは言わず、
流されるか、何言ってるのと思われるのがオチである。

なんという立場の違いなんだろう。
我々のほうがはるかにバイリンガルであるのに、
なぜ謙虚でいる必要がある?

それを考えてから、
恥じるな、臆すな、胸をはれ、
勇敢な挑戦者なのだ、と自分に言い聞かせるようになった。
こうして逞しくなっていくのである。 L(@^▽^@)」



240万人が学んだ英語教材『イングリッシュアドベンチャー』


banner_03.gif





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。