現地に来てはじめて、
学校で習う英語と
実際の日常会話の英語の
違いに驚くことがよくある。
そのうちのひとつがこれ。\( ̄^ ̄)/

まず学校の英語ではよくあり得ない状況、
またはそれ日本だろ?というような状況を
想定した会話の内容が題材だったりする。

それぞれの国にはそれぞれの
好みの会話というものがある。
よく、友達やカミさんに指摘されるのが
”天気について”が会話の
突破口だったりするのが日本人らしい。
他にイギリス人もそうらしい。


無料英語学習メルマガ − イーオン・イングリッシュ・ワールド

なぜか日本人は気温などにとても過敏?
(ぼくは”繊尊”とよく説明する。)
の傾向があるらしい。

こちらメルボルンでは
そんなに親しい間柄ではないのに
*” 元気だった? ”からはじまり、
仕事は?家族は?と結構
プライベートなものに及ぶ。

*” 元気だった? ”の表現も
無数にあるので
別に機会に紹介予定。


特に慣れるまで
毎回返答にひと呼吸必要だったのが、
週末、週初めに聞かれる
『週末は何の予定?』と
『週末は何して過ごした?』である。
Σ( ̄則 ̄;)

毎度” この人はストーカー? ”と
頭の中で考えていた。(・_・?)
日本にいた頃、一度も同僚などに
” 今週末、何してる? ”や
” 週末、どうだった? ”などと
少なくとも聞かれた記憶はないし、
同僚が何をする予定か、
もしくはしていたかなど知る由もなかった。

最近は慣れ、適当に答えられるように
なったが、まだ聞き返すのに抵抗がある。
聞いている自分がまるで、
台詞を棒読みする大根役者になった気分だ。
(;^ω^A

みなさん、間違えても真剣に答えないように。
あくまで社交辞令で本心からは聞いてないですし、
あなたのストーカーでもないですから。
もしその人が真剣に行動を
メモにとっている以外は。o(*^▽^*)o


240万人が学んだ英語教材『イングリッシュアドベンチャー』

banner_03.gif











この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お知らせとお願い
Excerpt: 本日clivetさんのブログにご主人のコメントがあり、 明日の強制帰国は延期されたということです。 しかし、依然気を抜けない厳しい状況が続いているということで、 引き続きFAX,emailでのご支援..
Weblog: オーストラリアと日本の旅
Tracked:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。