とうとうオーストラリアの市民権を得るのに
テストを導入するようです。


banner_03.gif



以前から『やるぞ!!』と言ってました。

ちなみに市民権を得ると
選挙権を得る、
公共の職種(警察官など)に就ける、など。

急速にテスト導入に向かっているのは
あの事件が原因でしょう。

それは去年の夏。事件が発生しました。

場所はゴールドコースト。

オーストラリア人のライフガードが
イスラム系の若者にボコボコにされたのが
発端です。

おそらく始めはちょっとした小競り合いが
なぜか民族間対立に発展。

警察が間に入り、
オーストラリア対イスラム系の図式。

日本でもその暴動の映像が流れたそうですが。

その後、オーストラリア政府は
明確な意志を表明しはじめました。

つまり、”嫌なら出て行け”と。

新しいテストでは主に
英語力とオーストラリアの歴史などについての
知識が問われます。

この英語力などは
表向き交通標識など分からないと困るという
理由ですが、本当は団結/孤立するコミュニティーを
牽制しています。

それだけではありません。

さらに”個人の自由と尊厳を敬意を示し、
民主主義を支持し、法の下にみな平等である。”と
いうことに同意が必要です。

ぼくの友人の一人が言います。
『半分の人はここで産まれ、残りの半分の人は
望んでここに来たんだ。みんなオーストラリアが好きで
ここにいる、いわば同志だ。助け合う事はあっても、
争う必要はない。』と。

多民族国家、いろいろな人が集まれば
いろいろな考えが出て来ます。

しかし”豪に入っては、豪に従え”です。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
これ、ベタだな〜と思う方、
こちらをクリック。
↓↓↓↓↓
banner_03.gif





この記事へのコメント
山田く〜ん!
座布団2枚…
取っちゃってくださいっっ!( ̄ー ̄)ニヤリッ

いろんな文化や宗其や思想や人種があるなかでの自由って本当一言で言えませんよね…

でもイスラム問題の暴動に対しては
テロ意識やらなんやら余計な事で
勝手に盛り上がっている人がほとんどで
有色人種な私にとっては
やっぱり唯の差別にしか感じないな〜と…
やはりそこは白人種に対して
批判的に思ってしまっていました…

最近DVDで映画のCrashを観たのですが
差別問題を改めて考えさせられる
なかなかいい映画だな〜と思いました♪

市民権については
今までテストがなかったってのが
逆にびっくり?!

コメント長っっ!!(汗)

>あっ、座布団が....。
コメント短っっ!!
posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/
Posted by ねこへそ
シドニーで起きた事件じゃなかったですか?おそらく。日本でもニュースでしていた気がします。
いろいろな文化、そして民族が一緒に暮らせるオーストラリアってすごくいいですよね。その分大変なんですね。

>>はじめまして、yukaさん。シドニーでした?ま、深くはこだわらないんで(調査不足??)、間違ってたら勘弁して下さい。posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/
Posted by yuka
はじめまして。トラックバックからやってきました。
市民権テスト、当たり前に納得できます。こちらの社会保障制度を当てにした移民も多いと聞きますし。でも、テストの前に取ってよかったって夫は言ってました(笑)

>>旦那さん、よかったですね(笑)。実はその社会保障制度での、ある陰謀の話を関係者から入手しました。あまりにも悪どいので、記事にしようか迷ってます。posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/
Posted by sonnenblume
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

移民大国オーストラリアで、価値観などを問う「市民権テスト」導入
Excerpt: <記事要約> オーストラリア連邦政府は、移住者に課される「市民権テスト」の概要...
Weblog: 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】
Tracked:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。