オーストラリア英語での
典型的な挨拶で

" G'day,mate!! "というのがある。




banner_02.gif


意味は” やあ、元気? ”といった感じ。

また違う場面では、
例えば、カフェに入ろうとすると、見知らぬ
誰かが、扉をぼくの為に開けていてくれます。

そんな時に、『Thank you』よりも
『Thanks,mate』の方が、オーストラリア英語っぽく、
しかも親しみがこもっています。

そんな親しみのこもっているはずの言葉、mate
(友達という意味)ですが、
今では大概、”mate=貴方の名前を知りません”
ということになっています。

以前紹介したラジオ局3RRRで面白いコーナーが
ありました。

”あなたが相手の名前を知らない時、
mateを使わない対処法は??”というものです。

その中で、一番なるほどと思えたアイデアを
紹介します。

〜あらすじ〜

あなたが道を歩いていると、
向こうから以前あるパーティーで
知り合ったことのある人が
やってきます。

前回、相手の名前を聞きましたが、
もう完全に忘れてしまいました。

が、相手はあなたに気付き、
しかもあなたの名前を呼んでいます。

アクションスタート!!カチッ

[相手]
『やあ、ルーク元気だった?
あのパーティー以来だね』


[あなた]
『うん。元気だったよ。
そういえば、名前なんだったかな??』

[相手]
『ひどいな〜。僕の名前忘れたの?
トニーだよ。』

[あなた]
『違うよ。僕が聞いているのは
ファミリーネームだよ。トニー
君の名前を忘れる訳がないでしょ?』

カッ〜トォ〜!!

なんとも恐ろしいアイデア。
自分では完全に名前を忘れていたのに、
本人から名前を聞き出し、
しかも名前を忘れる訳がないとまで言い切る。
かなりしたたかで、策士とも思えるアイデア。

日本でも、ファミリーネームではなく
下の名前を聞くふりして、
名字を聞き出すという感じで、
応用が可能かも。

英語力が上がるボタンをクリック
↓↓↓
banner_02.gif






この記事へのコメント
失礼なんだけど顔は覚えてても名前って結構忘れがちで、私もこういうシチュエーションよくあります〜!話してる間に結局思い出せなくて、知り合いにコソッと名前を聞いたりしてました…(笑)
なるほど〜、いい手かも?!

>>はっきりいって、80%ぐらいの確率で名前を憶えられない。英語名に、なじみが薄いせいか?かなりmateを多用している日々。posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/

Posted by ねこへそ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。