意外と忘れがちですが、
オーストラリアのほとんどが砂漠です。

砂漠=水不足。

そうです。水不足はオーストラリアの
深刻で、切っても切れない
切実な問題です。
( ̄〜 ̄;)

banner_02.gif


いつもの事ですが、
ここにきて、かなりの深刻の度合いを深めた
オーストラリアの水不足事情。
特に、メルボルンのあるヴィクトリア州。

今年の秋、冬とあまり雨が降らなかったのが
原因です。

連日ニュースで取り上げられてます。
なかにはオーストラリア政府に対しての
不満も多数あります。
(●`ε´●)

もちろん、オーストラリア政府が
何もしていない訳ではありません。

オーストラリア政府が重点を置いていたのが、
水不足に対しての国民(とくに移民)の意識改革と
節水奨励。

今まで水不足など無縁の国で育った
新しい移民は、考えの及ばない問題です。

我家では、カミさんの徹底的な指導??のもと、
同じ世帯数の家庭の、水道使用量の平均値の
約半分です。

さらにここにきて、カミさんの
締め上げ指導に熱が入っています。

しかし、新たに出ている不満は
ダムなどの直接的な対策が、
講じられていない事に対してです。

社会問題としては、
農家を営む人の自殺者が急増した事。

水不足による農作物の不作を懸念して、
アメリカなどの国が早々、
農作物の輸入量を半減するという
決断をしたことが原因です。

ただでさえ、不作で収穫量が減り、
値上げをすれば、購入者が減る。
農家の人にとってはまさに
負のスパイラル。

心が痛みます。
(;へ:)

このオーストラリアの水不足、
日本の方は他人事だと思いますか?

以前から漠然とそうだろうと考えていましたが、
アメリカのハリケーン=カトリーナ以来、
ぼくは確信しました。

世界はぼくが思う以上に、
密接に、繋がっている。

どこかの国で災害があれば、
ガソリンの値段が。
経済制裁を決定すれば、
松茸が。

特に日本のように、多くのものを
他の国からの輸入に頼っている国には。

オーストラリアの水不足は
日本にとっても他人事ではありません。
とても深刻です。


banner_02.gif





この記事へのコメント
こんにちは!いつもコメントありがとうございます。

オーストラリアの水不足、もちろん関心はあるんですが
奥様の徹底的な指導にも大変興味がありますね〜笑
水道使用量の平均値の約半分ですか!?すごいです。
水不足のために節水する反面、水道代の請求書が届くたびに
もっと節水しなければ、といつも思うのですが。

先日、ファーマーが四日に一人の割合で自殺しているというニュースを見ました。
水不足、本当に深刻ですよね・・・。

>>カミさんはよく、『未来の子供達のために、水を大切に使わなくては』と言ってますが、もう節水するのが生き甲斐になってます。シャワーの水も、後で植物に再使用。たまに、昨日の水がまだ浴槽にあって、朝方シャワーを浴びる時、足もとが非常に冷たいです。posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/
Posted by yuki
こんにちわ。今年の夏メルボルンの小学生が福岡の我が家に1週間ホームステイに来たので、今はオーストラリアが身近に思えます。金魚すくいに目がない(目つきが変わる)女の子で、家にはプールもあると言ってましたが、今年の夏は恐らくプールも入れなくて大変でしょう。
Posted by antoku
antokuさん、コメント有り難うございます。
返事がすごく遅くなってごめんなさい。


記事を書いたように水不足が深刻だったのは、
2009年くらいまでです。

2010年からメルボルンでは急激に雨が
毎日のように降り、完全ではないですが
水不足が解消されつつあります。

2011年のクイーンズランドの大洪水をももたらした
異常気象が原因なような気がします。
ずっとこの傾向が続くとも断言できないので
水不足への警戒は未だに必要です。

みんな口々に10年以上前の気候に逆戻りしたとも言っています。

2010年12月は雨がよく降り、寒夏でした。
恐らく女の子の家のプールは水で満たされていただろうけど、
寒くてそんなにプールで遊べなかったのでは?と思います。
Posted by Hooly-Dooly
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。