オーストラリアでも
セールスの電話はよくある。

でも、日本よりもワールドワイドです。


以前にテレビで特集がやってました。
企業がセールスの電話をかけるのに、
人件費削減のため、オーストラリア国内ではなく
インドなど東南アジア系の国から
国際電話をかけるのです。

それだけでは、驚きません。
そこには学校などがあり、いろいろな
英語圏の訛りを完全にマスターさせる
というもの。

オーストラリアに国際電話かける場合は、
オーストラリア訛り。
イギリスならイギリス訛り。
アメリカならアメリカ訛り。
(スコットランド訛りができたら、すごい。)

やはり、お国柄の訛りだと受け入れられやすいのか。

ここまで完璧に養成期間で指導されて、
がんばっているのに、一つだけ弱点が。

遠距離からの国際電話なので、
受け手が受話器を取ってからの
約3秒間、時差でつながらないのです。

だから慣れた人は、2.5秒ぐらい沈黙が続いたら
受話器をおいてしまうのです。

さらに達人は、怪しいと思うと、
現地にいないと知らないであろう
今日の天気の話をしだすのです。
しかもウソの。

もし相手がウソの天気情報にのって来たら、
受話器をおくのです。
(ウソをついてまで、セールスの電話を
かけてくるのもいかがかと)

みなさんももし受話器を取って、
沈黙が3秒したら、日本語を流暢に
マスターした賢い外国の方だと思って下さい。







この記事へのコメント
はじめまして。ロンドンに住む、偏食の嬢王様ともうします。

イギリスにもかかってきます、インド訛りのセールス電話が。
インド訛りは全然隠されていませんが、昔からインド系を受け入れている国なので、あまり違和感がありません。

3秒ルール、いい事を聞きました。今度かかってきたら試してみますね。

>>はじめまして、偏食の嬢王様。
イギリスですか?ここにはイギリス系住民が多いので、よくイギリス訛りの英語をよく聞く機会があります。ぼくは、イギリス訛り2番目に好きです。うちのカミさん系がマンチェスターから来たので、ここのが一番聞きます。あのイントネーション、とても心地いいです。

posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/
Posted by 偏食の嬢王様
僕も最近セールスの電話に困ってます。
僕の場合は「こちらからお願いした事以外はすべてお断りするようにしています」と話していますが・・・
やっぱり人の嫌がることはしてほしくないですね。
先日電話をとったら録音テープでの営業トークでした。驚き^^

>>録音テープですか?それはまた、やる気ありますね。(^^;
相手がセールスだと分かったら、うちでは即受話器を子供に渡します。
大概すぐに切れます。(笑)
posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/
Posted by lark
アメックスはシドニーから電話かけてますよ日本に。
日本での紛失届けとかもシドニーに繋がるみたいです。
結構前に銀行のセールスが多くて
携帯にかかってくるので困ってました。
番号を変えたのでもう静かになりましたが。
これからは口座を開いても携帯番号は登録しません。

>>そんなところからも、攻めて来るのか。
良い事を聞きました。でもぼくの携帯にかけても無駄だと
思います。つい最近も3日経って、車庫に携帯忘れていたのに
気付きました。posted by Hooly-Dooly http://fairdinkum.seesaa.net/
Posted by ゆみ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

メルボルン。
Excerpt: 随分前ですが会社の休暇を使い行ってきましたよメルボルン。 そこで今回から数回にわたってメルボルン特集です。
Weblog: 馬鹿と煙
Tracked:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。