明日、9月29日(土曜)には
オーストラリアンフットボールの
AFL(オーストラリアン フットボール
 リーグの頭文字で略称)の
グランドファイナルが行われる。

日本では、知らないという人が多いかもしれないが
こちらオーストラリア、特にメルボルンでは
もの凄い人気の球技スポーツです。

というのもAFL16チーム中10チームが
ヴィクトリア州に所属チームがあるため。
地域密着型スポーツとすれば、日本のサッカーJリーグみたいでもある。

感覚的には、ラグビーとバスケットボールを
合わせたような種目。


日本人にはオーストラリアンフットボールは認知度が低く、
こちらで熱狂ぶりをみると驚くけど
アメリカや日本におけるベースボールや野球と同じく、
応援団体=ファンがすごかったりする。

もちろんAFLはプロリーグであって、
トップスター選手は子供達の憧れの存在。

もちろん親も子供の頃からAFLのどこかのチームの
ファンであったり、地元クラブチーム所属して
将来プロを目指していたりして、当然その子供も産まれて
すぐにそのチームのファン化させられ、
地元クラブチーム所属というのが
オーストラリアの家庭の一般的な構図です。


よく、初対面などで会話で
『どこファン?』など聞かれたりする。
ぼくがこちらに来たばかりの頃は、友達みんなが自分の
チームのファンにさせようと売り込みが絶えませんでした。

いろいろなマニアの意見を聞くと、
昔よりAFLのルールが厳しくなって
激しくなくなったとか。

いや、充分今でも流血ものの格闘や衝突が凄すぎと思う。

ただでさえオージー体格良いのに、その中でさらに
体格の良い人達が集まってオーストラリアンフットボールを
しているんだから、当然そうはなる。

日本人とは違い、と思ったが
そういえばAFLに日本人選手がいるとも
ニュースでやってたし、こっちの日本人で結成した
サムライだかそんな名のチームが
はじめて試合で勝ったなんてニュースも見たことがある。


話を戻して、ここ何年かは、
毎年優勝チームが替わってて戦国時代。

2007年のAFLグランドファイナルは、
日本プロ野球のロッテが
キャンプをする先でもあるジーロングのキャッツ。
そしてアデレード拠点のパワーという組み合わせ。

おそらくヴィクトリア所属チームのファンは
ジーロングを応援するはず。
そういえば、イラクだったかで人質になった
ジーロング出身のオーストラリア人の男性が釈放された時に、
『ジーロングキャッツいまどうなってる??』と
発言したのが注目を浴びた。

それほど、熱烈なファンがいる
2007年のAFLグランドファイナルは
MCGで現地時間2時30分に試合開始予定です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。